ホントの三国志を考える試み。(正史重視)

三国志正史と史実に近い書を主軸に武将を見つめる試み

三国志12 涼州反乱

◆184年 11月

 

張角の軍勢が完全に鎮圧されたころ、

涼州では羌族と盗賊が反乱を起こし、

さらに枹罕の宋建・王国が漢に従属していた

北宮伯玉・李文侯を将に立てて反逆した。

 

 

しかし、宋建・王国は金城郡までくると、

金城従事韓約と帰順について話をしたいと申し入れた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

韓約は隴西方面で名声があり洛陽に職務で行った際、

何進に呼ばれ気に入られたため、何進に宦官誅殺を進言した。

しかし、何進が断ったため帰郷していた人物。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

韓約は賊に会う必要などないと考えていたが、

太守である陳懿に接見を命じられ、

同じく著名であった新安県令の辺允と共に

反乱軍の元へ向かった。

 

 

韓約・辺允らは着くと瞬く間に捕まったが、

王国たちは韓約らを連れて陣を出て偽投降を装い、

城を出てきた陳懿と校尉の伶徴を殺した

 

 

この後、

韓約・辺允は金城の資産家から大金が支払われ

身柄を一時解放されたが、

後に反乱軍に政務官兼軍師として擁立された。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※二人は改名するが、

韓約・辺允は解放されると韓遂・辺章と改名したというものと、

反逆のうわさが流れ涼州から懸賞金をかけられたので

韓遂・辺章に改名して反逆したというものがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◆討伐軍

 

185年3月、韓遂三輔(関中)に侵攻すると

後漢朝廷は皇甫嵩涼州征伐を命じると共に、

騎兵戦に強い董卓を中郎将として復職させ追討を命じた。

 

 

皇甫嵩長安に入ったが成果が出せずにいると、

(隠し財産を没収された)十常侍趙 忠

賄賂を請求する使者を寄こした。

 

皇甫嵩はこれを拒否して追い返し、

趙 忠の法令違反を上奏していると

今度は十常侍張 譲から賄賂の請求がきたため

これも拒否した。

 

 

すると趙 忠・張 譲は結託して霊帝に讒言した。

 

霊帝張 譲我が父と呼ぶほど信じ切っていたため

皇甫嵩から車騎将軍の印を取り上げて

涼州討伐軍指揮官を罷免し、

領地の3/4にあたる6000戸も没収し

槐里侯から都郷侯に降格させた。

 

 

そして、霊帝は新たに趙 忠車騎将軍に任命したが

趙 忠はなにかと理由をつけてすぐに辞任したため、

8月に司空張温が後任の車騎将軍となった。

  

 

<

スポンサーリンク