ホントの三国志を考える試み。(正史重視)

三国志正史と史実に近い書を主軸に武将を見つめる試み

三国志2 黄巾の乱(序章)

◆頂角が教団を形成した当時

 

後漢姜族の侵攻にさらされ治安が不十分であっただけでなく、

貴族や富豪の一部が農地までも支配していた。

 

農民は土地を借りて農耕したり、奴隷となったり、

故郷を出なければならなくなっていた。

 

不安を抱く官民の多くは、

「禍福は当人の行いにより、

 長寿は善行のたまものである」

という太平道の教えに心の拠り所を求め信者となっていった。 

 

 

◆8人の高弟

 

信者が増えると張角は弟子の中から8人を選び出し

冀州華北一帯に布教・医療活動に行かせた。

 

すると張角の高弟たちは8つの州を拠点として

10年余りで数十万人の信者を集める。

 

張角は膨れ上がった教団を統治するため

36の「方」と呼ばれる集団に分け、

それぞれに渠帥と呼ばれる指導者を任命した。

 

 

◆反乱計画

 

圧倒的大多数の信者という力を得た

張角はクーデターを考え始め、

1万人の集団を「大方」、6000人の集団を「小方」

といったように教団を軍事組織化し始めると共に、

 

「蒼天すでに死す、黄天まさに立つべし。

 歳は甲子に在りて、天下大吉」

という言葉を流布して武装蜂起を呼びかけ、

役所門などに白土「甲子」の二文字を書いてまわった。

 

 

そして、当時強い権力を持っていた宦官らを取り込み、

「184年3月5日に洛陽を襲撃し、

 宦官らの内応により後漢を転覆させる」

という計画を立案し、実行に移すべく馬 元義を洛陽に潜伏させた。

 

 

 

 

<

スポンサーリンク