ホントの三国志を考える試み。(正史重視)

三国志正史と史実に近い書を主軸に武将を見つめる試み

三国志1 于吉

後漢の時代に道士と呼ばれる一人の男がいた。

 

彼の名は于吉。

※正史に于吉は登場しないが他の書物に登場

 

 

 

後漢後期

 

于吉が薬草をとりに山に入り、

曲陽の泉水のほとりにつくと

白い絹に朱の罫を引かれた100巻余りの

神書『太平清領道』を発見した。

 

 

于吉は五行の法に通じると、

呉・会稽一帯に教会を建て

香を焚き経典を読み、病人がいれば

薬草・符水を用いて治癒させ、

※于吉は徐州出身

 

人々のために気象を予測したり、

予言を行えばそれらは実際に起きた。

 

 

于吉の評判はたちまち広がり、

民衆はもとより支配階層からも広く尊崇を受け、

弟子入りを願うものも現れ始めた。

 

 

後漢8代皇帝「順帝」の時代

 

于吉の弟子である宮崇が『太平清領道』と于吉を教えを書した

太平清領書170巻を朝廷に献じようとしたが、

妖しげで妄言的な宗教であってこれは

経典とは呼べないとスルーされた。

 

後漢11代皇帝「桓帝」の時代

 

今度は于吉の孫弟子である襄楷が献じたが

同じようにスルーされた。

 

しかし、朝廷の意思とは相反するように

于吉の名声とこの書の評判は広まるばかりであった。

 

 

 ◆後漢12代皇帝「霊帝」の時代

 

張角という一人の男が『太平清領書』を教典として教団を創始し、

自らを大賢良師と称し、弟2人を大医と称させ

治療行為を行うとともに教団活動を始めた。

太平清領書をどっから入手したかは不明)

 

 

<

スポンサーリンク