ホントの三国志を考える試み。(正史重視)

三国志正史と史実に近い書を主軸に武将を見つめる試み

法正 列伝

法正は、蜀を代表する策士・謀略家。

 

 

劉璋に見切りをつけ張松と共に曹操と敵対し劉備と結ぶように

仕向けた。劉備龐統に説得されて蜀入りすると仕え、

劉璋焦土作戦をとらないと見抜くなど策謀家として活躍。

 

馬超劉備に降ったあと劉璋が降伏する礎となる

手紙を劉表に送り、成都開城にも貢献した。

 

中央内政を諸葛亮と指揮する一方、

軍事にあっては、策謀の中心にいて、

事あるたびに劉備は法正に相談するなど

水魚の交わりのようであったという。

演義だと諸葛亮劉備水魚の交わりにすり替わっている)

 

漢中侵攻の際に黄忠に策を与え夏侯淵を斬らせると、

曹操が出てきて決戦になった。

 

戦線が不利となり立て直しが必要となったが、

劉備が臣下の諫めも聞かず後退しないため危険になると、

 

 

法正は矢盾もなしに劉備の前に出て、

殿が身を危険にさらされているのです。

私がつまらない男ならば

先ずは私が盾となって死にましょう。

言った。

 

劉備は反省して後退し、軍をたて直し

法正と相談して進退を行った結果、

曹操を撃退することができた。

 

 

漢中攻防戦の翌年、法正は過労で死去するが、

 

その才知は曹操でさえも、

「天下の才あるものをほぼ集めたが、

 法正だけは手に入れられなかったか」

と嘆くほどであった。

 

 

◆恩あれば倍にして返したが、

恨みも決して忘れず必ず倍以上にして返した。

強烈な私怨のある相手が罪を犯せば必要以上に重く処罰した。

そのため、才知は天才だが、徳は大凡人ともいわれる。

 

蜀臣は劉備と法正が水魚状態なので諸葛亮に泣きついたが

諸葛亮も功績と鬼謀に配慮し厳罰を科せなかった。

 

漢中後1年で死んだのは天罰だったのだろうか。

 

 

◆後世における評価:蜀の郭嘉とも言える人物

 

劉備孫尚香に離縁されると呉氏との婚約を薦めた。

 

劉備夷陵の戦いで大敗すると、諸葛亮

法正がいてくれれば出陣はさせず、

仮に強行されたとしても

これほどの損害が生まれることはありえなかったと嘆いた。

 

<

スポンサーリンク